UIオートメーションを利用したオブジェクト認識

2021年1月27日に、NTTグループの純国産RPA製品「WinActor」の最新バージョン「Ver.7.2.0」がリリースされました。
2020年9月にリリースされた前バージョンに対し、多数の新機能が追加・更新されています。
今回はUIオートメーションを利用したオブジェクト認識と使用方法について解説していきます。

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. 「画像マッチング」等を使用して指定フォルダへ名前を付けて保存

  2. 【パターン学習】04_Excel繰り返し行の値取得(サンプルシナリオ)

  3. 「指定時間待機」を使用して指定した時間待機する

  4. 【演習問題④回答】複数のファイルからWebページにデータを転記する

  5. 【エラー】スクリプトの実行に失敗しました。エラー番号:1 内容:指定されたセルが見つかりません。

  6. 「Excel操作(値の取得2)」等を使用して縦方向に繰り返し値を取得