WinActorバージョンアップ時の動作確認について

WinActorVer7は下位互換があるため、Ver5やVer6で作成されたシナリオを読込んで実行することや、Ver7形式(.ums7)で保存が可能です。
ただし、上位バージョンで読込し、上位バージョンの形式で保存し直しても、作成時のバージョンで配置済みのライブラリやノードが上位バージョンのライブラリやノードで置換されることはありません。
作成されたシナリオによっては、上位バージョンで実行した場合、今まで発生しなかった不具合が発生する恐れがあります。

弊社ではWinActorをバージョンアップする際、作成済みのシナリオがバージョンアップ後のWinActorで正常に動作するのか、事前にご確認いただくことを推奨しております。

本記事では、上位バージョンでの動作確認や、不具合が発生した際の修正対応についてご紹介します。

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. 「通貨型四則演算」を使用して計算する

  2. テキスト入力、リスト選択の確度を向上させるために

  3. 【エラー】サブルーチンの呼び出し階層数が最大値を超えました。(最大値:100)シナリオを停止します。

  4. 「URLを指定してIE起動」を使用してIEを起動

  5. 「IE操作(指定ID内のテキストを取得)」を使用してIE上にテキストを取得

  6. PowerPoint関連 ライブラリ