PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー

WinActorバージョンアップ時の動作確認について

WinActorVer7は下位互換があるため、Ver5やVer6で作成されたシナリオを読込んで実行することや、Ver7形式(.ums7)で保存が可能です。
ただし、上位バージョンで読込し、上位バージョンの形式で保存し直しても、作成時のバージョンで配置済みのライブラリやノードが上位バージョンのライブラリやノードで置換されることはありません。
作成されたシナリオによっては、上位バージョンで実行した場合、今まで発生しなかった不具合が発生する恐れがあります。

弊社ではWinActorをバージョンアップする際、作成済みのシナリオがバージョンアップ後のWinActorで正常に動作するのか、事前にご確認いただくことを推奨しております。

本記事では、上位バージョンでの動作確認や、不具合が発生した際の修正対応についてご紹介します。

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

更新賞・既存ユーザ定着賞を受賞

関連記事

  1. Excel操作で該当するノードが存在しないときにどうすればいいか?

  2. 【エラー】「スクリプトの実行に失敗しました。エラー番号: 1004 内容: Range クラスの PasteSpecial メソッドが失敗しました。」

  3. 「Excel操作(値のみペースト)」を使用してクリップボードの内容を貼り付けする

  4. 【エラー】取得する文字列が長過ぎます。

  5. Ver.7.2.0以降のファイル関連ライブラリでワイルドカードを使用する方法

  6. 【パターン学習】02_画像までスクロール(サンプルシナリオ)