PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー

画像マッチングのマッチ率をログ出力から確認する方法

Ver.7.4.0以降、画像マッチング実行時に成否に関わらず探索結果のマッチ率とその座標情報についてログ出力を行うようになりました。
これによりログを遡ることで迅速にマッチ率の調整が行えるようになりました。

本記事では、ログを基に画像マッチングのマッチ率の調整を行う方法について説明いたします。

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

更新賞・既存ユーザ定着賞を受賞

関連記事

  1. 【基礎学習】第2章 操作を自動記録しよう

  2. 「文字列を前後に分割」を使用して文字列を分割する

  3. 【エラー】スクリプトの実行に失敗しました。エラー番号:1 内容:指定されたセルが見つかりません。

  4. エラー発生時の処理

  5. 【エラー】サブルーチンの呼び出し階層数が最大値を超えました。(最大値:100)シナリオを停止します。

  6. 【エラー】スクリプトの実行に失敗しました。エラー番号:1004 内容: マクロ ”○○’ を実行できません。このブックでマクロが使用できないか、またはすべてのマクロが無効になっている可能性があります。