PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー

【サブルーチンの使い方5】サブルーチンの返り値

WinActorにはサブルーチンという機能があります。
サブルーチンを用いることでシナリオを処理単位で分割できたり、複数回実行される同一の処理を一つにまとめたりすることが可能となりシナリオの保守性が高まります。

本記事では、サブルーチンの機能の一つである返り値について説明いたします。

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

更新賞・既存ユーザ定着賞を受賞

関連記事

  1. 「IE操作(指定ID内のテキストを取得)」を使用してIE上にテキストを取得

  2. 記録モード(イベント)の仕組み

  3. 【エラー】サブルーチンの呼び出し階層数が最大値を超えました。(最大値:100)シナリオを停止します。

  4. 【サブルーチンの使い方1】サブルーチン機能と使用されるノード

  5. 【演習問題④】複数のファイルからWebページにデータを転記する

  6. エラー発生時における実行ログの活用方法