PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー

【基礎学習】WinActorシナリオデモ動画を確認しよう

自動化のイメージを掴むために、まずはWinActorの動いている様子を見てみましょう。
Webページを開き、CSVファイルのデータを入力するシナリオをご紹介します。
環境:WinActor v6.3.1

シナリオデモ動画

画面の右側に表示されているウィンドウがWinActorです。
表示されているフローチャートが「シナリオ」です。
WinActorを活用することで、手動では時間がかかる作業を簡単に終わらせることができます。

シナリオ解説

続いて、シナリオ作成のイメージを掴むために、シナリオの中身を見てみましょう。
一番初めは、フローチャートの詳細までは理解しようとせず、シナリオのイメージを持ちましょう。

シナリオがどのようなものか、イメージできましたか?
WinActorを使って業務を自動化するためには、業務の手順をフローチャートに表す必要がある、ということを把握しましょう。

関連記事

  1. Chromeの設定でダウンロードの保存先を設定しているが、ファイル保存時にダウンロードフォルダに保存される

  2. 「文字列置換」を使用して特定の文字を別の文字に置き換える

  3. 「Excel操作(範囲検索)」を使用してExcel上から値を検索する

  4. 「Excel操作(名前を付けて保存)」を使用してExcelを名前を付けて保存する

  5. ファイルパスを簡単に取得する方法

  6. 「画像マッチング」を使用してリストをクリック