【基礎学習】第6章 よく使う機能

基礎学習初級コース第6章です。
よく使われる機能として、ウィンドウ識別ルール、待機処理の作成、サブルーチン、起動ショートカットの作成についてご説明します。

本テキストは以下の環境で作成しています。
■ WinActor:Ver6.3.0
■ OS:Windows 10 Home バージョン 1803(ビルド 17134.648)
■ Office:Office365 バージョン 1902(ビルド 11328.20146)

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. 変数値の確認方法

  2. 変数が使われているノードを確認する方法

  3. WinActorが画面から消失してしまう場合の対処法

  4. 【よく使われるノード】IEにテキストを入力する

  5. 「Excel操作(数式の設定)」を使用してExcelのセルの数式を設定する

  6. 「エミュレーション」を使用してExcelを印刷する