「ウィンドウ状態待機」を使用してウィンドウの状態を待つ

Q:ウィンドウ状態待機の使い方を教えてください。
シナリオの中では、ウィンドウの状態を待つ処理を作る必要があります。
処理が実行される前に対象の画面が存在するか確認する場合や、画面が表示されるまで待機する場合に、ウィンドウ状態待機を使用します。
本記事では、ノードの設定方法をご説明します。

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. JSON形式ファイルの読み取り

  2. 「クリック(WIN32)」を使用してアプリケーション上のボタンをクリック

  3. Excel関連 ライブラリ(フィルタ)

  4. ver6以降のログ出力画面の新機能

  5. UIオートメーションを利用したオブジェクト認識

  6. シナリオファイルサイズの軽量化