「チェック状態取得(WIN32)」を使用してアプリケーション内のチェック有無を取得する

Q:チェック状態取得(WIN32)の使い方を教えてください。
チェックボックスにチェックを入れる操作を作成する場合には、チェックボックスの初期状態に注意する必要があります。
チェックを入れようとしたのに誤ってチェックを外してしまったという事態を防ぐためです。
「チェックが入っているか」「チェックが入っていないか」確認してから処理を行えば、誤操作を防ぐことができます。
本記事では、チェック状態取得(WIN32)のノードの設定方法をご説明します。

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. WinActorバージョンアップ時の動作確認について

  2. 【演習問題⑤回答】日付を判定して複数のファイルからWebページにデータを転記する

  3. 【エラー】スクリプトの実行に失敗しました。エラー番号:1 内容:○○を入力してください

  4. 「ウィンドウ状態待機」を使用してウィンドウの状態を待つ

  5. 【エラー】クリック位置が対象ウィンドウの範囲外です。

  6. 「ファイル移動」を使用してファイルを移動する