【よく使われるノード】画面遷移やウィンドウの状態を待機する

シナリオが進む速度が操作対象の処理速度を追い越すと、シナリオがエラーで止まる場合があります。
例えば、対象の画面を開いて入力欄に文字列を入力したい場合、人であれば画面を開き、表示の読込が完了するまで無意識的に待ちます。
しかしWinActorの場合は意図的に待機処理を入れなければ、処理を先へ進めようとします。
先へと進んだ結果、画面の表示が完了しておらず、エラーが発生する場合があります。
シナリオを安定稼働させるためには待機処理が重要です。
本記事では、待機処理の作成に使用するノードをご紹介します。

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. 「IE操作(指定テキストをクリック)」を使用してIE上のテキストをクリック

  2. 【エラー】スクリプトの実行に失敗しました。エラー番号:1004 内容:RangeクラスのAutoFilterメソッドが失敗しました。

  3. Excel関連 ライブラリ(範囲)

  4. 【エラー】計算できませんでした。

  5. 【演習問題③回答】空欄を判定してCSVからWebページにデータを転記する

  6. UI Automation自動記録モードで作成したノードは解像度が変わってもエラーが起きない?