タスクスケジューラでシナリオを自動実行する方法

Q:シナリオを自動で実行する方法を教えてください。
Windows標準のタスクスケジューラを使用して、シナリオを自動で実行(スケジュール実行)することができます。
本記事では、タスクスケジューラでシナリオを自動実行する方法についてご説明します。

目次
1.シナリオ自動実行
2.シナリオのショートカット作成方法
3.タスクスケジューラの登録方法

1.シナリオ自動実行

シナリオを自動実行するには、タスクスケジュールを使用する方法と、WinActor管理ツールを利用する方法があります。
タスクスケジュールを使用する場合、次の2つの作業を行います。

・シナリオのショートカットを作成
・タスクスケジューラに登録

以下に手順をご説明します。

2.シナリオのショートカット作成方法

手順1

メイン画面の設定タブから「起動ショートカット作成」を選択します。

手順2

シナリオファイルの項目に、ショートカットを作成したいシナリオのパスを設定します。
ショートカットから自動実行・シナリオ終了時に自動終了したい場合は、『起動後に実行』と『実行完了後に終了』にチェックを入れ、作成ボタンを押します。

手順3

保存のダイアログが表示されるので、保存先を指定後ファイルのタイプを指定して保存します。

ショートカットファイル形式とVBSファイル形式

どちらを選択しても、作成されたファイルを起動するとシナリオが実行されます。
VBSファイル形式を選択すると、タスクスケジューラでスケジュールの設定を行うときに簡単になります。

3.タスクスケジューラの登録方法

手順1

タスクスケジューラを起動します。
スタートメニューから検索を行うことで起動することができます。

手順2

タスクスケジューラライブラリのフォルダを右クリックし、タスクの作成を選択します。

手順3

タスクの作成ウィンドウの『トリガー』タブ、『操作』タブから新規ボタンを押下し、新しい項目を作成します。

『新しいトリガー』ウィンドウで、実行スケジュールの設定を行います。
『新しい操作』ウィンドウの『プログラム/スクリプト』の項目には、作成したシナリオショートカットファイルまたはVBSファイルを設定します。

ショートカットファイルの設定方法

『プログラム/スクリプト』の項目にショートカットファイルを設定する場合は、『引数の追加』の項目を設定する必要があります。
作成したショートカットファイルのプロパティを起動し、リンク先の欄から「-f」以降をすべてコピーし、『引数の追加』の項目に貼り付けて下さい。


関連記事



シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け