WinActorバージョンアップ時に使用するインストーラー種別の判別について

Q:WinActorのアップデートツールが、「標準ユーザー用」と「管理者ユーザー用」の2つがありますが、どちらを使用したらいいですか?
本記事では、バージョンアップに使用するインストーラー種別の判別方法をご説明します。

インストーラー種別の判別方法

WinActorを初回インストールした際に使用した種別と同じ種別を使用していただく必要があります。
異なる種別を使用してアップデートを行ってしまうと、ライセンスが無効となり、再発行手続きが必要となります。
ご不明な場合は、アップデート実施前に弊社までお問い合わせください。
また、「標準ユーザー用」と「管理者ユーザー用」はWindowsアカウントのアカウント権限を指したもので、WinActorの機能を示したものではございません。

判別方法1

初回インストール時に使用したファイルが残っている場合、インストーラーのファイル名にて判別が可能です。
管理者ユーザー用
zip展開前 WinActor_vxxx_i_expire_yyyymmdd_xxdays.zip
zip展開後 WinActorSetup.exe
標準ユーザー用
zip展開前 WinActor_vxxx_z_expire_yyyymmdd_xxdays.zip
zip展開前 WinActor_vxxx_inp_expire_yyyymmdd_xxdays.zip
zip展開後 WinActorSetup_NoPrivileges.exe

判別方法2

アプリの一覧にWinActorが存在する場合、「管理者ユーザー用」です。
Windows 10の例

判別方法3

「管理者ユーザー用」のインストーラー起動時に、下記のようなメッセージが表示された場合は、「管理者ユーザー用」です。


※上記の場合、そのまま上書きして問題ありません。

判別方法4

WinActorのインストールフォルダに、「unins000.exe」が存在する場合、「管理者ユーザー用」です。

上記以外の場合は、「標準ユーザー用」です。

関連記事

  1. WinActorの処理高速化②

  2. ライセンスの種類について

  3. 画像マッチングの状態チェックはどのようなケースで使用しますか

  4. 記録モードと自動記録アクションの違い

  5. 仮想環境(VM)でWinActorを使用する場合の制約について

  6. 記録モード(エミュレーション)の仕組み