PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー

時間情報を取得して、処理に使いたい

Q:WinActorで時間取得に関する部品はありますか?ファイル名に時間情報を追加したいです。
本記事では、日付と時間を取得し、ファイル名に使用できるようにする方法をご説明します。

「日時取得」を使用して作成する方法

ライブラリ>08_日付関連>「日付取得(yyyymmdd)」のライブラリを使用すると、日付を取得する事ができます。(例:20180515)
標準部品のスクリプトを変更し、プログラムで日付取得(yyyymmddhhmmss)を作成する事もできますが、今回はWinActorの標準部品を使用して取得する方法をご説明します。

手順1

ノード>変数>「日時取得」で「フォーマットタイプ」を「日付と時間」にし、指定した変数に格納します。(yyyy/mm/dd hh:mm:ss)

手順2

ライブラリ>07_文字列操作>01_変換・整形>「文字列置換」で「置換前」に「値⇒/」を指定し、「置換後」はそのまま「値⇒」にします。

手順3

ライブラリ>07_文字列操作>01_変換・整形>「文字列置換」で「置換前」に「値⇒:」を指定し、「置換後」はそのまま「値⇒」にします。

手順4

ライブラリ>07_文字列操作>01_変換・整形>「文字列置換」で「置換前」に「値⇒ 」(半角スペース)を指定し、「置換後」はそのまま「値⇒」にします。

上記4つの部品を使用する事で指定した変数の値が「yyyymmddhhmmss」になります。
この変数の値を元にライブラリ>07_文字列操作>03_連結>「文字列の連結(4つ)」などでファイル名などを作成する事ができます。

関連記事

  1. ファイル関連 ライブラリ(テキストファイル)

  2. 「画像マッチング」を使用して画像の表示をチェック

  3. 【エラー】コマンドの起動に失敗しました。

  4. 【よく使われるノード】IEにテキストを入力する

  5. 【パターン学習】12_ファイルダウンロード待機(サンプルシナリオ)

  6. 【エラー】ウィンドウ識別名〇〇に一致するウィンドウが存在しませんでした。