PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー

「平日・休日判定」を使用して平日を判定する

Q:平日・休日判定の使い方を教えてください。
本記事では、平日・休日判定のノードの設定方法をご説明します。

ノードの特徴

ノード:平日・休日判定
Ver7.1.0から新たに追加されたライブラリです。
指定した日付の曜日と、定休日と祝日情報ファイルをもとに
平日・休日を判定します。
平日・休日を判定して処理を分岐させたい場合にお使いいただけます。

ノードの設定

ライブラリ>08_日付関連から「平日・休日判定」をシナリオの中に置きます。
プロパティは次の通りです。

手順1

祝日情報ファイルを内閣府のHPからダウンロードします。
内閣府「国民の祝日について」

手順2

祝日情報ファイルをシナリオと同じフォルダに配置します。

手順3

ノードを設定します。
指定した日付の曜日と平日・休日判定結果が取得できます。

定休日以外の休みを設定したい場合

定休日以外の休みを設定したい場合、祝日情報ファイルに追記しましょう。
休日だと判定されます。



シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. WinActorの処理高速化①

  2. 「リスト選択(IE)」を使用してIE上のリストをクリック

  3. 「リスト選択(WIN32)」を使用してアプリケーション上のリストをクリック

  4. 【エラー】音の再生に失敗しました。

  5. 「IE操作(表の値取得)」を使用して表内のテキストを複数件取得する

  6. ファイルパスを変更したいけどシナリオを修正したくない!という方のためのシナリオ作成方法