「シナリオファイル呼び出し」ノードを使用した共通処理の管理

新規シナリオ作成時、既存シナリオと共通する処理を組込みする際に、再度作成またはインポート等で作成をしていたかと思いますが、共通処理の修正を行う際に使用しているシナリオ全てを修正する必要がありました。v7.2.0より追加された、「シナリオファイル呼び出し」ノードを使用する事で、同一処理をシナリオ化し、シナリオを呼び出すこと今までと同様の処理を行う事ができ、修正や管理が容易となります。

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. 「日時取得」を使用して日時を取得する

  2. 【演習問題①回答】CSVからWebページに1行分データを転記する

  3. 【エラー】サブルーチンの呼び出し階層数が最大値を超えました。(最大値:100)シナリオを停止します。

  4. 部分実行の方法

  5. 【エラー】スクリプトの実行に失敗しました。エラー番号:1 内容:○○を入力してください

  6. シナリオファイルサイズの軽量化