PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー

シナリオインポート機能を用いてシナリオの再利用や復元を行う方法

シナリオインポート機能を用いることで、既に作成されたシナリオの全部または一部を別のシナリオに再利用したり、ファイルが壊れて開けなくなったシナリオを復元したりすることが可能です。本記事では、シナリオインポート機能の使い方について説明いたします。

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. 【演習問題②】CSVからWebページに複数行分データを転記する

  2. 「Excel操作(数式の取得)」を使用してExcelのセルの数式を取得する

  3. 複数のファイルを繰り返し処理したい場合のシナリオ作成方法

  4. 「Excel操作(数式の設定)」を使用してExcelのセルの数式を設定する

  5. 【エラー】「スクリプトの実行に失敗しました。エラー番号: 1004 内容: Range クラスの PasteSpecial メソッドが失敗しました。」

  6. 【追加ライブラリ】Excel操作(マクロ非同期実行)