PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー

Excelでフィルタ後の処理方法について

下記画像のようなExcelファイルから取得したいデータをフィルタを掛けて絞り込み、データを取得、入力する作業はよくある業務の1つです。

しかし、フィルタをかけてしまうとExcel操作で行う基本的な繰り返し方法の一つである行番号を「カウントアップ」のノードを使い1行ずつデータを取得するという処理が使えなくなります。

今回は、そんなフィルタを掛けた後のExcelファイルからでもデータを1行ずつ取得する方法についてご説明させていただきます。

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

更新賞・既存ユーザ定着賞を受賞

関連記事

  1. 「ファイル一覧(ファイル数)取得」を使用してファイルの数を取得する

  2. 「エミュレーション」を使用してExcelを印刷する

  3. 【エラー】「スクリプトの実行に失敗しました。エラー番号: 1004 内容: Range クラスの PasteSpecial メソッドが失敗しました。」

  4. UIオートメーションを利用したオブジェクト認識

  5. 【パターン学習】12_ファイルダウンロード待機(サンプルシナリオ)

  6. 「待機ボックス」を使用してWinActorの処理を一時停止する