「待機ボックス」を使用してWinActorの処理を一時停止する

Q:待機ボックスの使い方を教えてください。
待機ボックスというノードを使用すると、メッセージダイアログを表示させて処理を一時停止することができます。
主にデバッグ時の変数値確認、画面の状態確認に使用します。
また、WinActor終了時の完了表示やエラー表示に用いることもあります。
本記事では、ノードの設定方法をご説明します。

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. 記録モード(イベント)の仕組み

  2. 「ファイル移動」等を使用してファイルを移動する(複数件)

  3. バッチファイル起動エラー②

  4. 「ブラウザ起動」ノードで「スクリプトの実行に失敗しました。」のエラーが発生する

  5. 【パターン学習】18_タイムスタンプ付きファイル名作成(サンプルシナリオ)

  6. 「画像マッチング」を使用して画像の表示をチェック