PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー

「IE操作(表の値取得)」を使用して表内のテキストを複数件取得する

Q:IE操作(表の値取得)を使用した処理の作成例を教えてください。
InternetExplorer上の文字列を取得する際に、対象が表形式である場合に「IE操作(表の値取得)」を使用して、表から1行ずつ値を取得することができます。
本記事では、表内の文字列を1行ずつ取得する処理の作成方法をご説明します。

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. UI Automation自動記録モードで作成したノードは解像度が変わってもエラーが起きない?

  2. 「Excel操作(値の設定2)」を使用してExcelのセルに値を入力

  3. 【安定稼動に向けた方策】「待機時間」の重要性

  4. 「IE操作(指定CLASS内のテキストを取得)」を使用してIE上にテキストを取得

  5. 「シナリオファイル呼び出し」ノードを使用した共通処理の管理

  6. Excelファイルを開くときに読み取り専用で開く