PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー

WinActorのログ出力機能について

Q:WinActorのログ機能について教えてください。
本記事では、WinActorのログ出力機能をご説明します。

ログ出力機能

WinActorには、シナリオやノードの実行履歴と時刻を記録する機能があります。
メニューの「表示」→「ログ出力」で表示することができます。

シナリオでエラーが発生して終了した場合でも、どの場所でエラーが発生しているかを追跡することができます。

このログは常にファイルに出力することもできます。
メニューの「設定」→「オプション」から「実行ログを常に出力する」のチェックボックスをオンにして、ログの保存先を設定します。

これにより、ログ出力と同じ内容をテキストファイルに出力することができます。

関連記事

  1. 効率的にシナリオ開発するためのノウハウ

  2. 「エミュレーション」を使用してマウスやキーボードを操作する

  3. 「待機ボックス」を使用してWinActorの処理を一時停止する

  4. 「トリミング」を使用して先頭末尾の空白を削除する

  5. 画像マッチングの状態チェックはどのようなケースで使用しますか

  6. 変数とは?WinActorで変数を使うと便利なポイント