WinActorのログ出力機能について

Q:WinActorのログ機能について教えてください。
本記事では、WinActorのログ出力機能をご説明します。

ログ出力機能

WinActorには、シナリオやノードの実行履歴と時刻を記録する機能があります。
メニューの「表示」→「ログ出力」で表示することができます。

シナリオでエラーが発生して終了した場合でも、どの場所でエラーが発生しているかを追跡することができます。

このログは常にファイルに出力することもできます。
メニューの「設定」→「オプション」から「実行ログを常に出力する」のチェックボックスをオンにして、ログの保存先を設定します。

これにより、ログ出力と同じ内容をテキストファイルに出力することができます。

関連記事

  1. WinActorのメモリ消費を減らす方法

  2. 「Excel操作(名前を付けて保存)」を使用してExcelを名前を付けて保存する

  3. 「文字列設定(IE)」を使用してIE上にテキストを入力

  4. 【パターン学習】14_フォルダ内のファイルをすべて処理する(ファイル検索)(サンプルシナリオ)

  5. 【エラー】シナリオファイルの読込に失敗しました。

  6. HTMLのtag indexの判別方法