PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー

WinActorEyeの使い方

Q:WinActorEyeの使い方について教えてください。
WinActorVer6.3.0から新しく画像認識機能「WinActorEye(ウインアクターアイ)」が追加されました。
従来の画像認識機能に加え、新たに複数の探索条件を組み合わせて目的のアイコンやUIを特定できるようになるという新機能です。
本記事では、WinActorEyeの使用方法についてご説明します。

目次
1.WinActorEyeとは
2.WinActorEyeを使用したシナリオの作成方法

1.WinActorEyeとは

複数の探索条件を組み合わせて目的のアイコンやUIを探す画像認識専用ツール。
画面の拡大縮小に強いマッチング(ヒストグラム探索)が使用可能。
マッチングに失敗した際に結果を確認しながら調整が可能。
通常のマッチング機能に加えて、複数のマッチングやOCR機能も使用できます。

ヒストグラム探索とは

色情報に着目した新たなマッチング機能。
従来の「画像マッチング」「輪郭マッチング」に比べて、ディスプレイサイズ(解像度)に影響を受けにくいのが特徴です。

マッチングツールの比較表

名称 比較方法 作成の難易度 処理速度(秒) 拡大縮小範囲(%)
WinActorEye 1.7 50~200
画像マッチング 画素 0.4 100
輪郭マッチング 0.8 75~125

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. Ver7.4.0以降のブラウザ拡張機能を利用し起動済みブラウザを操作する方法

  2. 「日付書式変換」を使用して日付の書式を変換する

  3. 「ファイル移動」等を使用してファイルを移動する(複数件)

  4. シナリオ内にメモを残す事はできますか?

  5. 「Excel操作(値の取得2)」を使用してExcelのセルから値を取得

  6. 「シナリオファイル呼び出し」と「サブルーチン呼び出し」の違いは何ですか?