PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー

【サブルーチンの使い方4】サブルーチンの引数

WinActorにはサブルーチンという機能があります。
サブルーチンを用いることでシナリオを処理単位で分割できたり、複数回実行される同一の処理を一つにまとめたりすることが可能となりシナリオの保守性が高まります。

本記事では、サブルーチンの機能の一つである引数について説明いたします。

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. csvファイルをxlsxファイルやxlsmファイルに変換する方法

  2. 【パターン学習】18_タイムスタンプ付きファイル名作成(サンプルシナリオ)

  3. WinActor画面に表示された文字のサイズが小さく見づらい場合の対処法

  4. 【追加ライブラリ】Excel操作(グラフをタイトル指定して保存)

  5. 【エラー】スクリプトの実行に失敗しました。エラー番号:13 内容:型が一致しません。

  6. WinActor Ver.7.2.0リリース!新機能の活用方法と注意するポイントとは