PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー

ブレイクポイントを活用してテストを効率化する方法

Q:動作テスト等で一時的に確認箇所に待機ボックスを使用して動作を確認していますが、テストする度に追加したり削除したりと手間がかかります。
何か良い方法はないでしょうか?

ブレイクポイント機能を利用することで、指定した場所まで処理が進んだ時に一時停止が可能です。
本記事では、ブレイクポイント機能について説明いたします。

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. 【よく使われるノード】IEにテキストを入力する

  2. 【エラー】操作が実行できませんでした。以下の原因が考えられます。

  3. シナリオインポート機能を用いてシナリオの再利用や復元を行う方法

  4. WinActorの変数値におけるnull値の扱い

  5. 「文字列連結」を使用して文字列を連結する

  6. シナリオ実行中(または実行時)のスクリーンセーバーを抑制・解除する方法