PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー

WinActorで数値のゼロパディングを行う方法

WinActor上でExcelから数値を取得した時など変数値の桁数を操作したい場合、ノードを組み合わせることによりWinActor上でゼロパディング(0埋め)処理を行うことができます。
本記事ではWinActor上でゼロパディング処理を行う方法を説明いたします。

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. 【エラー】変数○○は真偽値として解析できません。

  2. 記録モード(エミュレーション)の仕組み

  3. 【エラー】スクリプトの実行に失敗しました。エラー番号:1 内容:指定されたシートが見つかりません。

  4. 動作検証(デバッグ)の方法

  5. 画像マッチングの状態チェックはどのようなケースで使用しますか

  6. 「四則演算」を使用して計算を行う方法