PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー

csvファイルの1行分のデータを一括で読み込む方法

csvファイルで項目数が多いデータを読み込む場合「値の取得」で一項目ずつ値を取得すると時間がかかります。
csvファイルであれば「csvファイル→変数値」ライブラリを使用することで、一回で多くの値を変数に取り込む処理が可能です。本記事では、csvファイルから変数に取り込む方法について説明いたします。

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. 「ファイル検索」等を使用してファイルのダウンロード完了を待機する

  2. シナリオ情報の編集、閲覧、実行パスワードの違いと使い方

  3. 【追加ライブラリ】Excelブック全体をPDFで保存

  4. 【エラー】サブルーチンの呼び出し階層数が最大値を超えました。(最大値:100)シナリオを停止します。

  5. 「小書き文字変換」を使用して小書き文字を変換する

  6. Microsoft SharePoint上のファイルを操作する方法