PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー

成功するまで同じ処理を繰り返しリトライする方法

動作が不安定なため手動でも成功するまで繰り返す必要のある処理は、WinActorで実装する場合エラーが発生する要因となります。
しかしリトライ処理を実装し成功するまで同じ処理を繰り返すことで、一度処理が失敗してもエラーとならず処理をやり直せるようになります。
本記事では、リトライ処理の実装方法について説明いたします。

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

更新賞・既存ユーザ定着賞を受賞

関連記事

  1. 【エラー】不測のエラーにより継続ができません。

  2. ブレイクポイントを活用してテストを効率化する方法

  3. 「画像マッチング」を使用して画像の表示をチェック

  4. 「平日・休日判定」を使用して平日を判定する

  5. 「IE操作(指定タグの指定ID内のテキストを取得)」を使用してIE上のテキストを取得

  6. WinActorのショートカットキー一覧表