【基礎学習】第5章 処理フロー

基礎学習初級コース第5章です。
第3章では、利用頻度の高いノードの使用方法を学習しましたが、実際のシナリオ作成では、処理の流れに合わせてノードを並べていく必要があります。
本章を通して処理フローへの理解を深め、分岐や繰り返しを使用できるようにしましょう。

本テキストは以下の環境で作成しています。
■ WinActor:Ver5.2.0
■ OS:Windows 10 Home バージョン 1803(ビルド 17134.648)
■ Office:Office365 バージョン 1902(ビルド 11328.20146)

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. 【よく使われるノード】Excelから値を検索する

  2. 指定したフォルダ内のフォルダをすべて処理

  3. 「Excel操作(列コピー)」「Excel操作(行コピー)」を使用してExcelの行・列をコピーする

  4. 「日付取得(月のみ)」を使用して当月を取得する

  5. 「Excel操作(値の設定)」等を使用して横方向に繰り返し値を入力

  6. 「0サプレス」を使用して先頭から連続した0を削除する