PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー

【基礎学習】第5章 処理フロー

基礎学習第5章です。
第3章では、利用頻度の高いノードの使用方法を学習しましたが、実際のシナリオ作成では、処理の流れに合わせてノードを並べていく必要があります。
本章を通して処理フローへの理解を深め、分岐や繰り返しを使用できるようにしましょう。

本テキストは以下の環境で作成しています。
■ WinActor:v6.3.1
■ OS:Windows 10 Pro バージョン 20H2(ビルド 19042.1237)
■ Office:Office365 バージョン 2108(ビルド 14326.20404)

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. シナリオ内のグループを開いている場合と閉じている場合の実行時間の差

  2. 各種インターフェースに対応する部品

  3. HTMLのtag indexの判別方法

  4. 「IE操作(表の値取得)」を使用して表内のテキストを1件取得する

  5. 「日付計算(n年後/n月後/n日後)」を使用して日付計算を行う方法

  6. 「Excel操作(名前を付けて保存)」を使用してExcelを名前を付けて保存する