PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー

【基礎学習】例外処理

シナリオはエラーが発生すると動作が止まってしまいます。
エラー発生時のフローを作成し、エラー発生時に適切に対処できるようにするシナリオ作成方法を説明します。
本テキストは以下の環境で作成しています。
■ WinActor:v6.3.1
■ OS:Windows 10 Pro バージョン 20H2(ビルド 19042.1237)
■ Office:Office365 バージョン 2108(ビルド 14326.20404)

続きは会員限定です。無料会員に登録すると続きをお読みいただけます。


シナリオに関する
FAQが見放題


学習教材でシナリオ作成を
基礎から学べる


WinActorの勉強会など
最新情報をメールでお届け

関連記事

  1. 「文字列削除」を使用して文字列を削除する

  2. OCRマッチングノードでどのようなことができますか?

  3. シナリオエラーではないが、意図した動きにならない場合の不具合を修正する方法

  4. 「文字列設定(WIN32)」を使用してアプリケーション上にテキストを入力

  5. 「待機ボックス」を使用してWinActorの処理を一時停止する

  6. 「小書き文字変換」を使用して小書き文字を変換する